就労継続支援A型とは


「労働者」として働きながら一般企業への就労を目指す為のサービスです。

企業に就労することが困難な障害のある方に知識および能力の向上のために必要な訓練を行います。
このサービスを通じて一般企業への就労を目指します。
雇用契約を結び活動をしていただきますので最低賃金も保証され、雇用保険の加入もあります。

対象となる方

利用開始時18歳以上、65歳未満の方
身体・精神・知的障害をお持ちの方
働きたいという意欲をお持ちの方
雇用契約による勤務が可能な方

例えば
就労継続支援B型事業所を利用したが、ご自分のスキルアップを目指したいという方。
就労移行支援を利用したが企業就労に結びつかなかった方
企業就労していたが離職してしまった方
特別支援学校卒業生で就職活動したが企業就労に結びつかなかった方

活動内容

主に提携企業様から受託した仕事を当事業所内、 もしくは企業様の事業所に出向き取り組んでいただきます。

作業の一例
・プラスチック部品の仕上げ・袋詰め
・自動車部品の組み立て、検品
・文房具の組み立て


施設外就労
・生花で仏花つくり
・ゴムマスクの裁断・色付け

上記の他にも活動内容は豊富に用意いたします。
同じ作業を長く続けることも一般就労に向けた訓練になりますが当事業所は利用者の方に、より幅広い分野での経験を積んでいただきたいと考えております。
勿論、一人ひとりの利用者の方とモニタリングを行い、適正を考慮しながら活動内容を決定します。

B型との違い


就労継続支援には未来工房のような「A型」と、「B型」があります。

何が違うかと言えば、雇用契約を”結ぶ”のか”結ばない”のか、で大きく変わります。

利用者の方と雇用契約を”結ぶ”A型は
最低賃金が保障され、労災・雇用保険の加入ができます。
平成24年度の全国平均の月額賃金は¥68,691となっています。

それに対し”結ばない”「B型」は最低賃金の保障はなく、
行った作業に対して工賃として賃金が支払われます。
平成24年度の全国平均の月額賃金は¥14,190です。

平均すると「A型」事業所のほうが「B型」より4.8倍高い賃金となっています。